2008年11月の記事

1月に恒例の自治体視察

秋の合宿に続いて、1月には自治ネット恒例の自治体視察があります。

毎回、注目度満点の現職の首長に直接お会いし、まとまったお話を聴かせいただいたうえ、意見交換をすることで、たいへん実のある時間としています。

首長との意見交換のあとは、個別施策について、担当の方からお話を聴かせていただいています。

夜は、例によって、メンバー同士、朝まで議論。

翌日も、厳選自治体の施策を見せてもらっています。

今度のテーマは、自治体法務ということで、首都圏のほうへ向かうべく、担当者のほうで調整を進めているところです。

自治ネット 恒例の秋の合宿

 

     自治ネット 恒例の秋の合宿

 

 自治ネットでは、毎年秋に、三重、愛知、岐阜と交替で合宿を行って、学習や議論、交流しています。

 今年は、次のように愛知県。

 

     11月8日(土) 午後1:00

 

● 集合場所(宿泊)    瀬戸パークホテル 1階ロビー

      そこから瀬戸の中心市街地を散歩しつつ移動。

 

● 2:00~  NPO「窯のひろば」 を会場に借りました。

   

 (1) NPO  窯のひろば  についてのお話を聞く。   

 「民間非営利活動組織(NPO)エム・トウ・エムが運営しています。    本法人(エムツウエム)(窯のひろば)は、自らの地域における民間非営利活動組織(NPO)の活動の発展をめざし、新たな市民社会の実現に向けて地域の市民セクター自らの手によるNPO支援組織として幅広く地域や分野を超えたNPO活動の基盤強化を図りNPOと企業や行政とのパートナーシップの形成を促進することを目的としています。」

 

 (2) 3:00~ 勉強会 「指定管理者制度について」

 「出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』  指定管理者制度(していかんりしゃせいど)とは、それまで地方公共団体や外郭団体に限定していた公の施設の管理・運営を、株式会社をはじめとした営利企業・財団法人NPO法人・市民グループなど法人その他の団体に包括的に代行させることができる(行政処分であり委託ではない)制度である。

公の施設」にはいわゆるハコモノの施設だけでなく、道路、水道や公園等も含まれるとされている。地方自治法の一部改正で2003年6月13日公布、同年9月2日に施行された。小泉内閣発足後の日本において急速に進行した「公営組織の法人化・民営化の一環とみなすことができる。」

    参加者の各自治体の指定管理(者)の状況について

    それぞれレクチャー&リポート。

    その後、指定管理者制度について議論する。

 

● 同所で夕食と懇談。

 

● ホテルに移動して懇談と宿泊。

 

● 9日(日)  ・・・解散。                                                    ( teramachi )