2010年1月の記事

公開講座/2月13日(土)/テーマ・「三重県議会の議会改革」/三重県議会議長 三谷哲央氏

 自治ネットでは、来る2月13日(土)に公開講座を開催、

 「三重県議会議長 三谷哲央氏」にお越しいただき、「三重県議会の議会改革」についての講演と話し合いを行います。

 県議会としては、全国のもっとも先端をいく三重県議会、その牽引役のお話は、さぞ、興味深いことと今から楽しみです。

 そのご案内をします。      

第11回自治ネット公開講座
              主催:無党派・市民派自治体議員と市民のネットワーク

講師  三重県議会議長 三谷哲央氏

テーマ 三重県議会の議会改革


参加無料  (申込不要 直接会場へお越しください)


日時 2010年 2月13日(土)

         午後1時30分~3時30分

会場 名古屋都市センター14階

(JR・名鉄 金山総合駅前・名古屋ボストン美術館のある高層ビルです)

             印刷用 ⇒  自治ネット講座チラシ.pdf        

 

自治ネット講座700.JPG

 

講師プロフィール 
   みたに・てつお氏 

 大阪市生まれ、木曽岬町在住。明治大卒業後、故山本幸雄、岡田克也両衆院議員の秘書を経て、95年4月県議に初当選し、現在4期目。その間、副議長や議会基本条例検討会副座長などを務め、県議会改革の中心的役割を果たしてきた。


                        毎日新聞インタビュー記事(2009.11.12付)より
議長マニフェストを提示、三谷哲央県議会議長 /三重
 

◇県計画を議決対象に
議会改革先進県として注目を集める三重県議会の議長に就任して半年がたった三谷哲央氏(62)。今年から申し合わせによる議長任期が1年から2年に延長され、議長就任時に2年間で行おうとする議会改革を盛り込んだ議長マニフェストを提示した。議会改革への思いと進捗(しんちょく)状況について聞いた。【田中功一】


 --議会改革は順調に進んでいますか。
 就任当初は説明不足から議会内で少しギクシャク感があったが、比較的順調にきている。 議長マニフェストも合意できるところから順次進めている。議会広報紙に編集アドバイザーの導入を決めた。委員会の説明資料も県議会ホームページへ開会30分前に掲載し、県民が議会と同じ政策情報を共有できるようにした。

 ほかにも議長採用という形で公共政策大学院の学生をインターンに迎えた。選挙区や定数の検討も最終段階。議員提案条例の検証では、県総合計画の戦略計画を議決の対象にするという議論が佳境に入っている。県政の重要計画を議決対象にすることは、議会の権能強化という点で非常に大きな意味がある。

【問い合わせ】 自治ネット代表 海住恒幸(松阪市議) 090(7855)1750
メール kaiju_jichinet@yahoo.ne.jp

                                                  ( teramachi )

自治ネット、公募型視察で加西市(兵庫県)を訪問

公共サービスの提供に民間の力を大幅に取り入れる公民連携(PPP=パブリック・プライベート・パートナーシップ)の導入で、ゆくゆくは、ほとんどの業務を民間会社に委託し、行政の仕事は管理など最小限にとどめ、現在1100人の職員を100人程度とすることを視野に置いた研究をスタートしている加西市役所(兵庫県)を訪れ、中川暢三市長や、この業務を実現するため課長級として任期(最長5年)付きで公募採用されている中村賢一・経営戦略室主幹らからお話をお伺いしました。

わたしたち、「無党派・市民派自治体議員と市民のネットワーク」(略称・自治ネット)恒例の、市民・議員の参加者を公募して行った視察として、13日午前9時~午後4時までの6時間にわたって、同市役所で行ったものです。
参加したのは、愛知・岐阜・三重の自治ネットのメンバーのほか、東は栃木県の宇都宮市議や東京・中野区議、神奈川県の茅ヶ崎市議、西は兵庫県芦屋市や尼崎市議、大阪府の吹田市議ら、総勢17人。

4年前から、杉並区の山田宏区長や千葉県我孫子市の福嶋浩彦市長(当時)、昨年秋、福嶋氏とともに仕分け人の一人として注目を集めた、滋賀県高島市の海東英和市長(当時)ら、注目すべき自治体経営に取り組んでいる首長にお願いして、直接、首長との、"挨拶"程度ではなく、中身の濃い説明と質疑・応答を前提とした、刺激の多い研修を重ねています。   (kaiju)